医療法人設立時に建物を出資する際、不動産登記要因は「出資」と「現物出資」どちらが良いですか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

医療法人設立時に建物を出資する際、不動産登記要因は「出資」と「現物出資」どちらが良いですか?

節税保険導入事例,節税

登記要因は本来「出資」として登記することが正しいことになります。

 医療法人のケースでは、土地・建物を出資した際、登録免許税法上は「出資」として取り扱うこととされています。これにより、登記要因は本来「出資」として登記することが正しいことになります。

 現在の税法では、登記要因を「出資」としても「現物出資」としても同じ税率になっています。ですが、以前は「現物出資」とすることで税率が高かったため、後から更生登記をして複雑な手続きをして税金を還付してもらう必要がありました。

 「出資」としての登記はレアなケースであるため、司法書士も知らない場合があります。登記を依頼する場合は注意が必要です。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。