医療法人設立時に、親が代表を務めている株式会社から出資を考えています。株式会社等の営利法人は医療法人に出資可能ですか?また親は社員となれますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

医療法人設立時に、親が代表を務めている株式会社から出資を考えています。株式会社等の営利法人は医療法人に出資可能ですか?また親は社員となれますか?

節税保険導入事例,節税

株式会社による出資のみであれば問題ございませんが、親が経営する株式会社が医療法人に対して出資をする場合、親は営利法人の役員ですから、医療法人の社員になることには問題がございます。

 現行の医療法の中では、医療法人の営利性は禁じられています。株式会社等の営利法人によって医療法人の経営が支配されてしまうことは、当然ですが認められていません。

 ただし、医療法人は株式会社等とは違い、出資することがイコール経営に参画できることにつながるわけではありません。あくまでも業務を行うのは医療法人の社員であり、出資者ではありません。

 言い換えれば、営利法人は出資して医療法人に財産提供を行うことは可能ですが、それに付随して社員としての社員総会における議決権を得ることや、役員として医療法人の経営に参画することは不可能となっております。

 ですから、株式会社による出資のみであれば問題ございませんが、親が経営する株式会社が医療法人に対して出資をする場合、親は営利法人の役員ですから、医療法人の社員になることには問題がございます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。