医療法人設立後に医師国保を継続することは可能ですか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

医療法人設立後に医師国保を継続することは可能ですか?

節税保険導入事例,節税

医師国保を継続することはできます。

 厚生年金に加入するケースでは、原則として同時に政府管掌の健康保険に加入することとなります。ただし、組合などの健康保険に加入したいケースは、厚生年金のみに加入することが可能です。ですから、ご質問のとおり医師国保を継続することはできます。

 このケースでは、社会保険事務所にその旨を伝え、必要書類等を準備する必要があります。社会保険労務士に依頼することもの可能ですが、もちろん従業員が数名程度であれば、院長自身が手続きを行うことも難しくありません。

 医師国保のケースでは、院長と従業員で負担額に違いがあります。一方で、法人形態をとると、院長でなくても役員である場合には、他の従業員と負担額が異なるケースがありますので、各医師会にご相談してみることをおすすめいたします。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。