医療法人化することで、 税務調査が厳しくなったり、調査に入りやすいということはありますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

医療法人化することで、 税務調査が厳しくなったり、調査に入りやすいということはありますか?

節税保険導入事例,節税

現実的には、医療法人化することで、対税務署面での心配が増えることはありません。

 個人診療所のケースでは、収入から経費を差し引いた残りである利益は、すべて個人の所得となりました。

 一方で、医療法人のケースでは、理事長であったとしても給与(役員報酬)のみが個人の所得となり、収入から経費を引いた残りの利益は医療法人内部に留保されることとなります。ですから、医療法人にすることで家計と法人経営の分離をはっきりとさせる必要があります。税務署の対応が厳しくなるというよりは、会計処理自体が法人部分と個人部分でしっかりと、細かく区分けしなければならないようになる。というのが正しい理解です。

 現実的には、医療法人化することで、対税務署面での心配が増えることはありません。従来どおりの記帳や経理業務で問題ございません。法人と個人の細かい経理面での処理に関しては、税理士などにご相談してみることをおすすめいたします。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。