医療法人の場合、厚生年金への加入は絶対ですか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

医療法人の場合、厚生年金への加入は絶対ですか?

節税保険導入事例,節税

医療法人化した場合、従業員がたとえ1名の場合であっても、厚生年金への加入は絶対条件となります。

 個人診療所のケースでは、従業員が数名程度であれば厚生年金への加入は絶対ではありません。実際、厚生年金は従業員の負担も重いため、また雇用主もその半分を負担する必要があるため、加入しないケースが多くあります。

 一方で、医療法人化した場合、従業員がたとえ1名の場合であっても、厚生年金への加入は絶対条件となります。ですから、今までの給与のままでは従業員側も手取り額が減少してしまい、もちろん法人側での負担も大きくなります。これらを背景に、従業員とのあいだで問題が生じてしまう場合も多くあるようです。

 なるべく厚生年金の加入条件を満たさないパートさんなどを雇うといった対策もありますが、一般的には対策はないと考えていただいたほうがよいと思います。経営上の必要経費と認識し、従業員にも理解を求めることが必要です。厚生年金等の社会保険関連は、社会保険労務士にご相談されることをおすすめいたします。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。