医療法人とはどのような法人ですか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

医療法人とはどのような法人ですか?

節税保険導入事例,節税

医療法人とは、医療法の規定に基づき、病院、医師もしくは歯科医師が常時勤務する診療所または老人保健施設を開設しようとする社団または財団で、都道府県知事の認可を受けて設立される特別法人のことをさします。

 医療法人制度の創設の趣旨は、①個人による医業経営の継続の困難を解消し、医療機関の経営に永続性を与え、②資金の集積性を高めていくとともに、家計と医業を分業することにより、医療機関の近代的、合理的な運営・経営を可能にすることころにあります。

 ですから、現在の医療法上は、医療法人は営利を目的とすることが禁じられており、株式会社のように出資者に対しての剰余金を配当するといったことができません(医療法第54条)。ただし、公益法人のような積極的な公益性を要求されるべき性格のものでもありませんので、営利法人と公益法人との中間法人として位置づけがされています。

 医療法人の特徴としましては、社団と財団の2種類があること、設立にあたっては都道府県知事の認可が必要なこと、医療法に規定されている以外の業務を行うことが禁止されていること等があげられます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。