医療法人ではなく個人診療所です。保険で節税対策はありますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

医療法人ではなく個人診療所です。保険で節税対策はありますか?

節税保険導入事例,節税

現在、個人診療所を運営しており、医療法人にはなっていません。小規模企業共済を活用した節税対策や、倒産防止共済を活用した節税対策の話は聞いたことありますが、保険で節税対策はありますか?

節税保険導入事例,節税

個人診療所の場合、節税対策方法は限定的ですが、 法人化することで選択肢が大きく広がります。

 先生のクリニックでは、将来的に医療法人化のご予定はございますでしょうか?

 個人診療所の場合、おっしゃる通りで小規模企業共済や倒産防止共済といった少額の節税対策か、お金の残らない費用負担系の節税対策がほとんどです。お金を残すことができる効果的な節税方法は、少額の共済以外にはないのが現状です。

 一方で、医療法人化することでお金を残せる節税対策の選択肢が大きく広がりますし、節税できる金額も大きく設定できます。特に、医療法人の節税対策の中でご紹介しているような保険活用手法は、実際に多くのドクターの皆さまやドクターを顧問に持つ優秀な税理士事務所にご利用頂いております。配当ができない医療法人において、役員報酬の増額が一般的な節税対策とされています。法人保険を上手く活用することにより、役員報酬以上に法人・個人で大きく節税対策を行うことが可能です。

 医療法人化を含め、将来的な節税対策を検討されているお客様へ、過去の事例をもとに詳しく説明いたします。どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければ幸いです。

 ※医療法人設立後に個人診療所時代の小規模企業共済を引き継ぐことはできませんのでご注意下さい。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。