加入時期がバラバラの逓増定期保険や長期平準定期保険に加入しています。定期保険の保険料取扱いを整理して説明してもらうことはできますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

加入時期がバラバラの逓増定期保険や長期平準定期保険に加入しています。定期保険の保険料取扱いを整理して説明してもらうことはできますか?

節税保険導入事例,節税

定期保険の保険料取扱いは、死亡保険金受取人や被保険者の年齢、そして保険期間の年数により異なります。

1. 死亡保険金受取人が法人または被保険者の遺族の場合

2. 死亡保険金受取人が被保険者の遺族(給与扱い)の場合

 役員または、部課長その他特定の使用人のみを被保険者(保険をかける対象)とする場合、支払った保険料の額は、役員または使用人に対する給与となります(長期平準定期保険または、逓増定期保険にあてはまっても、保険料は給与扱いとなります)。

給与扱いにならない場合

 満了年齢とは、保険期間満了時における被保険者の年齢のこと。加入加算年齢とは、保険契約証書に記載されている加入時における被保険者の年齢に保険期間の2倍に相当する数を加えた数のことをいいます。

払込保険料の取扱い
当初6割相当期間(前払期間)<端数月切捨て> 後半4割相当期間
(一般の)定期保険 全額損金タイプ 一定期間内における被保険者の死亡を保険事故とす生命保険のうち、長期平準定期保険及び逓増定期保険に該当するもの以外のもの 期間の経過に応じて、損金算入(以下、単に損金算入という)。
長期平準定期保険 半分資産計上タイプ 定期保険のうち、満了年齢が70歳を超え、かつ加入加算年齢が105を超えるもの。逓増定期保険に該当するものを除く。 半分を前払金等として資産計上し、残額を損金算入する。 損金算入し、それとともに資産に計上した前払金等の累計額をその期間の経過に応じ取り崩して損金算入する。

※半分を損金や資産に計上する場合、端数処理の取扱いについては明らかにされたものがありません。損金計上部分、または資産計上部分に上乗せします。どちらにしなければいけないというルールはございません。

逓増定期保険

(逓増定期保険とは、保険期間の経過により保険金額が5倍までの範囲で増加する定期保険をいいます。)

払込保険料の取扱い
当初6割相当期間(前払期間) 後半4割相当期間
平成20年2月27日以前の契約 ①半分資産計上タイプ 満了年齢が60歳を超え、かつ加入加算年齢が90を超えるもの(②または③に該当するものを除く) 保険料の半分を前払金等として資産計上し、残額を損金算入します。 損金算入しつつ、資産に計上した前払金等の累積額を期間の経過に応じて取り崩して損金算入します。
②2/3資産計上タイプ 満了年齢が70歳を超え、かつ加入加算年齢が105を超えるもの(③に該当するものを除く) 2/3相当額を資産計上し、残額を損金算入します。
③3/4資産計上タイプ 満了年齢が80歳を超え、かつ加入加算年齢が120を超えるもの 3/4相当額を資産計上し、残額を損金算入します。
平成20年2月28日以後の契約 ①半分資産計上タイプ 満了年齢が45歳を超えるもの(②または③に該当するものを除く) 保険料の半分を資産計上し、残額を損金算入します。
②2/3資産計上タイプ 満了年齢が70歳を超え、かつ加入加算年齢が95を超えるもの(③に該当するものを除く) 2/3相当額を資産計上し、残額を損金算入します。
③3/4資産計上タイプ 満了年齢が80歳を超え、かつ加入加算年齢が120を超えるもの。 3/4相当額を資産計上し、残額を損金算入します。

前納保険料があった場合はどうなるの?

保険期間の全部またはその数年分の保険料をまとめて支払った場合には、次により取り扱います。
①いったん、その保険料の全部を前払金として資産に計上します。
②支払いの対象となった期間(全保険期間分の保険料の合計額をその全保険期間を下回る一定の期間に分割して支払う場合には、その全保険期間とする)の経過に応じた経過期間分の保険料について、上記の表の処理を行います。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。