分掌変更等に伴う退職金の支給(退職金の打ち切り支給)について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

分掌変更等に伴う退職金の支給(退職金の打ち切り支給)について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

分掌変更等に伴い退任又は昇格した役員に対する退職金は、当該変更等の前後の役員の職務執行等の状況を加味し、一定の場合に限り、損金算入されます。

1.役員の分掌変更等に伴う退職金支給の場合

 役員の分掌変更等に際し、引き続き勤務する役員に対して支給する退職金については、例えば、以下のように実質的に退職した場合と同様の事情にあると認められるときは、その金額を未払いにより費用処理した場合等を除き、これを退職金として損金算入することが認められています。なお、いずれの場合であっても、分掌変更碁においてもその役員が引き続き経営上の主要な地位にある場合には、実質的に退職したものとは認められません。

「実質的に退職したものと想定される例」

  • 常勤役員が非常勤役員になったこと
  • 取締役が監査役になったこと
  • 分掌変更等の後におけるその役員の給与が激減(概ね50%以上減少)したこと

2.使用人から役員への昇格に伴う退職金支給の場合

 使用人の役員昇格に際し、その役員が使用人であった期間に係る退職金については、退職給与規定にもとづき計算および支給される場合には、その金額を未払いにより費用処理した場合等を除き、これを退職金として損金算入することが認められています。

3.使用人兼務役員から使用人を兼務しない役員への昇格に伴う退職金支給の場合

 使用人兼務役員から使用人を兼務しない役員への昇格に際し(例えば、取締役総務部長が常務取締役に昇格する場合等)、その役員に対して使用人兼務期間に係る退職金を支給した場合には、その身分はいずれも役員であると考え、原則として退職金ではなく役員給与であるものとして扱います。ただし、以下の要件を全て満たす場合には、使用人の退職金として損金算入が認められています。

「損金算入するための要件」

  • 相当の使用人期間を経て使用人兼務役員に昇格した者であること
  • 使用人兼務役員に昇格した際に、使用人であった期間に係る退職金の支給をしていないこと
  • 使用人の退職金規定にもとづき使用人であった期間および使用人兼務役員であった期間を通算した期間により使用人としての職務に係る退職金を計算および支給していること
  • 退職金として相当な額であると認められること

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。