個人診療所時代の借入れを医療法人に引き継ぐ場合と特別代理人について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

個人診療所時代の借入れを医療法人に引き継ぐ場合と特別代理人について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

医療法人設立時に出資財産とひも付きの借入れ金を引き継ぐことは可能です。

 医療法人設立時に出資財産とひも付きの借入れ金を引き継ぐことは可能です。その際、「負債残高証明及び債務引継承認願」を申請に添付をします。医療法人設立時の債務の引継ぎは、申請時に認められた金額のみしかできません。言い換えれば、「負債残高証明及び債務引継承認願」に記載されている金額については引き継ぐことが認められていると読み取れます。

 仮に、医療法人設立後に理事長の個人債務を引き継ぐケースでは特別代理人をたてる必要があります。一方で設立時に引き継ぐことが認められた債務の額に関しては、議事録のみで引継ぎをすることができます。

 金融機関で特別代理人の申請が必要といわれた場合でも、厚生労働省が必要ないと判断しているということで特別代理人の申請自体を受け付けていない都道府県もありますので、注意が必要です。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。