個人診療所から医療法人化の申請をしようと思います。 開業後2年間の経営実績は必要ですか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

個人診療所から医療法人化の申請をしようと思います。 開業後2年間の経営実績は必要ですか?

節税保険導入事例,節税

経営実績がないケースでも、必要資料を添付することで法人化をすすめることが可能です。

 結論からお伝えをすると、開業後2年の安定した経営実績がないケースでも、必要資料を添付することで法人化をすすめることが可能です。自治体の中には、上記のような一定の経営実績がないと医療法人化の申請を認めないケースもございます。しかし、実際には昭和61年の厚生省健政局長通知の内容とあきらかに矛盾しています。

<昭和61年6月26日厚生省健康政策局長通知より抜粋>

「医療法人の設立を認可するに当たって、一定の期間の医療施設の経営実績を要件とすることは望ましくないこと」


 実際に、この件についてある自治体に照会を求めた公認会計士事務所に対して、下記のような回答がありました。

本県では、医療法人の設立認可に当たり、病院の場合は、個人開設後2年以上、診療所の場合は、1年以上の実績があることを要件としており、1年間(1月1日~12月31日)の所得税の確定申告書で確認することとしています。

 これは、○○県医療審議会において申し合わせがなされている事項であり、医療審議会から県に上記の確認を求められているものです。…以下略
 

 この内容が厚生省健政局長通知の内容に反しているものであるのは明らかです。同県の行政手続条令にも「許認可等は、公開された具体的な審査基準に基づいて行わなければならない」とされていますし、一定の経営実績がないことを理由に、医療法人化の申請を却下されることは違法行為にあたる可能性すらあります。

 このような対応により、医療法人化の申請を却下されるケースがある場合には、上記のような根拠をベースとして自治体の担当官とよく相談をして、ケースによっては弁護士等も活用してご相談・お手続きをすすめることをおすすめいたします。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。