保険料の月払いと年払いは何が違うのですか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

保険料の月払いと年払いは何が違うのですか?

節税保険導入事例,節税

大きく2つの違いがあります。

 節税対策に活用できる保険は、保険料の払い込み方法として月払いか年払いのいずれかを選べるものがほとんどです。月払いか年払いいずれかを選択することによって大きく2つの違いが出てきます。

解約返戻率の違い

 通常、保険料は年払いを選択することで月払いよりも割引を受けることができます。割引率は保険会社や保険商品によって異なりますが、年払いを選択することで、月払いに比べて支払う保険料が若干割安になります。月払いと年払いどちらを選んでも解約返戻金は固定ですので、保険料が割引きされた分、月払いに比べて年払いの方が解約返戻率も高くなります。資金繰りに問題がなければ、原則として年払いを選択されることをおすすめいたします。

損金にできる金額の違い

 決算直前に法人が年払いで支払う保険料は、家賃と同様に短期前払費用の特例と呼ばれる、特別ルールで、支払った保険料を一括で損金処理することができます。決算ギリギリの保険導入であっても、12ヶ月分を前払いして損金とすることができるのは法人保険を年払いする際の大きな魅力です。一方で、月払いを選択した場合は、決算までに引き落とされた月数分の保険料しか損金にすることができません。決算間際に節税対策の法人保険を契約したとしても、1ヶ月分も保険料を損金とすることができない場合がありますので、注意が必要です。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。