保険契約を失効した場合、解約返戻金の税務取扱い/経理処理はどうなりますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

保険契約を失効した場合、解約返戻金の税務取扱い/経理処理はどうなりますか?

節税保険導入事例,節税

解約返戻金の払い戻しを受けた時点で 通常の解約と同様の経理処理(税務取扱い)を行います。

 保険料の払込みがないまま一定の期間(※)が経過すると、保険契約はその効力を失い、失効という状態になります。この失効は、「保険料の払い込みをしない。そのかわりに保障もつかない。」という状態を指します。いわば“保険の冷凍保存”です(※この一定期間を保険料払い込みの猶予期間ともいいます。保険会社によって期間は異なりますが、払い込み期日からおよそ2ヶ月間経過すると失効する保険商品が多くあります。)

 失効した時点、及び失効中に直ちに経理処理を行うことはありません。失効中の保険契約があれば、解約返戻金の払い戻しを受けた時点で通常の解約と同様の経理処理(税務取扱い)を行います。解約返戻金の税務取扱いに関しては、法人保険コラム「法人保険の解約返戻金の税務取扱い/経理処理について教えて下さい。」ご参考にしてみて下さい。

 なお、保険会社によっては失効期間中の延滞利息(たいていの場合6パーセントの高い金利)が発生する場合がありますので、注意が必要です。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。