保険で節税対策中です。代表が辞任した場合はどうなりますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

保険で節税対策中です。代表が辞任した場合はどうなりますか?

節税保険導入事例,節税

代表者が会社と全く無関係になる場合→ 解約する必要があります。 代表は退くが会社には残る場合→ 序列の優先を再度確認する必要があります。

代表者が会社と全く無関係になる場合→ 解約する必要があります。

 よくあるご質問「経営者の変更があります。契約は解除(解約)する必要がありますか?契約しているのは逓増定期保険です」の中でも紹介しておりますが、経営者が変更となり、その経営者が会社を離れる場合、退職者と同様の扱いで保険契約を解約(もしくは退職金として現物支給)する必要があります。解約せずに保険料の払い込みを続けた場合、損金算入を否認されることや、税務調査でペナルティを受けることになりますので注意が必要です。

代表は退くが会社には残る場合→ 序列の優先を再度確認する必要があります。

 被保険者が代表辞任後も会社に残る場合、保険を解約する必要はありませんが、対税務調査を考えた“序列の優先“を再度確認する必要があります。税務署は、“より偉い人により大きな保障がついていることが法人における保険加入の自然な形”と考えています。これを序列の優先と言います。代表者が辞任した場合、その保険契約を継続することができたとしても、

新しい代表者に全く保障がついていないことや、
辞任したはずの元代表者に一番大きな保障がついている状態

 など序列の優先が守られていなければ、税務調査において、序列の優先を破る合理的な理由を求められることや保険加入自体を否認されるリスクにつながってしまいますので注意が必要です。ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にご相談頂ければと存じます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。