会社の決算書について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

会社の決算書について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

会社の決算書については以下のとおりです

 ①決算書とは、会社の一定時点(決算期末日)の財政状態や、ある一定期間(決算期間)の経営成績等を表した書類であり、「貸借対照表」や「損益計算書」等で構成されます。②決算書は、主として、会社法、金融商品取引法、税法の3つの法律に基づいて作成する必要があります。

1.会社法上の決算書

 資金の委託者である株主と、その資金の受託者である経営者との間の利害を調整するために、会社法において経営者は決算書を作成し、定時株主総会で株主に決算報告し、承認を得ることが必要とされています。

2.金融商品取引法上の決算書

 株式市場において、投資家から資金調達を行うために、金融商品取引法において投資家の投資意思決定に役立つ情報の一つとして決算書が必要とされています。
 なお、金融商品取引法にもとづく決算書の作成は、基本的に上場会社に限られています。

3.税法上の決算書

 会社は、法人税、住民税および事業税の納税義務を負っており、毎期、税務署長に対して確定した決算に基づき確定申告書を提出した上で、納税をしなければなりません。法人税、住民税および事業税は、納税者間の課税の公平を図るための税法規定に従って、会社の決算書をベースに必要な税法特有の調整を行い算出されています。この法人税、住民税および事業税の算定の基礎として税法上、決算書が必要とされています。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。