今、加入している保障目的の保険があるのですが、節税対策のための保険とどうすみわけをすればよいです

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

今、加入している保障目的の保険があるのですが、節税対策のための保険とどうすみわけをすればよいです

節税保険導入事例,節税

保障目的の保険と節税目的の保険は、全くの別物として、ご加入をご検討下さい

 よくある質問「法人でおすすめの保険について教えて下さい。」の中でもご紹介をさせていただきましたが、保険を使った節税対策をする際に基本的な概念として

保障目的の保険 → とにかく保険料が割安で保障内容の良いもの
節税目的の保険 → 大きな損金が作れて、解約時返戻率が高いもの

 という考え方を常にもっていただけると非常によいと思います。この基本的な考え方をもとに、保障目的の保険は保障目的の保険として、安い保険料で保障内容の良いもの(掛け捨てで死亡保障のみがついているような保険)にご加入いただき、それとは全く別に、大きな損金が作れて高い解約返戻率を設定できる節税目的の保険のご加入をご検討されることをおすすめします。

 保障面と節税面(解約返戻率等)を両方求めると保険会社がもうかる商品になりがちです。保障目的の保険と節税目的の保険とは全く別物として考えていただき、ご加入をご検討いただければ幸いです。

o0800047611617533469 o0800047611617533468

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。