一時的にまとまった額のお金が必要になった場合に、法人保険を活用できますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

一時的にまとまった額のお金が必要になった場合に、法人保険を活用できますか?

節税保険導入事例,節税

法人保険の契約者貸付制度が利用できます。

 がん保険の節税逓増定期保険の節税を行っている場合、また平準定期保険、終身保険、変額保険、養老保険などを契約している場合、たいていの保険会社の商品には契約者貸付という制度が付いています。これは一時的にまとまった額の資金が必要となった場合に、保険を有効に継続しながら資金を貸し出す制度で、貸付時の解約返戻金の範囲内で一定額(8~9割程)の貸付を受けることができます。契約者貸付の金利は保険会社によって異なりますが、一般的に2.75~3%ほどです。

「まとまった額のお金を引き出したいが、保険を解約することで利益が出てしまうことはしたくない」、「資金需要はあるが、法人保険の解約返戻金がまだ低い状態である」といった場合には、この契約者貸付制度を有効活用することができます。詳しくは、担当者までお気軽にご相談をいただければと思います。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号