ピーク時の解約返戻率は数パーセントにこだわるべきですか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

ピーク時の解約返戻率は数パーセントにこだわるべきですか?

節税保険導入事例,節税

法人保険の加入を検討しています。いくつかの保険会社の商品を提案されていますが、ピーク時に解約返戻率に多少の差があります。ピーク時の解約返戻率は数パーセントにこだわるべきですか?

節税保険導入事例,節税

ピーク時の解約返戻率は数パーセントにこだわるべきです。

 ピーク時の解約返戻率は、総払い込み保険料に対する数パーセントですので、かなり大きな金額となります。銀行からの融資に置き換えると、その重要性に気づくかと思います。例えば、銀行からの借り入れを検討する際に、金利で2パーセントから3パーセント違うといえば、かなり大きい差なはずです。

 金利だと敏感になる数パーセントも、こと法人保険となると、あまり重要視されない法人様が多くいらっしゃいます。しかし、ここは徹底的にこだわっていいポイントです。法人保険をしっかりと極めていく場合には、最重要となるポイントです。最近では、全年齢帯を通じて、短期間で現金での戻り率で100%(もしくは限りなくそれに近い)ほどの解約返戻率を設定することができる法人保険商品もございます。

 保険会社になるべくとられる割合を減らし、現金ベースでの目減り率をおさえた法人保険活用をおすすめいたします。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。