デリバティブ取引の概要について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

デリバティブ取引の概要について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

デリバティブ取引の概要については以下の通りです。

 デリバティブ(金融派生商品)取引とは、金利、通貨の価格、商品その他の指標の数値としてあらかじめ当事者間で約定された数値と将来の一定の時期における現実の当該指標の数値との差に基づいて算出される金銭の授受を約する取引またはこれに類似する取引をいい、一般的には金融商品の価格変動リスクの回避、低コストでの資金調達もしくは高利回りでの資産運用等の目的のために行われます。デリバティブは、その特性と原資産(デリバティブ取引の対象となるもの)によって大きく分類され、代表的なものとして以下のようなものがあります。

特性と原資産によるデリバティブの分類

原資産\特性 先物 オプション スワップ
金利

金利先物、債券先物等

代表例

「中期国債先物取引」

債券先物オプション等

代表例

「金利先物オプション取引」

金利スワップ等
通貨

通貨先物、為替予約等

代表例

「日本円通貨先物取引」

通貨オプション等

代表例

「日本円通貨先物オプション」

通貨スワップ等
株式

株価指数先物

代表例

「日経225先物取引」

株価指数先物オプション等

代表例

「東証株価指数(TOPIX)オプション取引」

 先物取引とは、将来の一定の日に特定の商品を一定の価格で売買する取引のことをいいます。オプション取引とは、ある目的物を一定期間(権利行使期間)内あるいは将来の一定の日においてあらかじめ決められた価格(権利行使価格)で買う(若しくは売る)権利である「オプション」を売買する取引をいい、この時の、買う権利を「コールオプション」といい、売る権利を「プットオプション」といいます。

 スワップ取引とは、当事者間で通貨や金利を「交換する」取引です。通貨を交換する「通貨スワップ」では、例えば、自社の外貨建債務を他社の円建債務に交換することで、為替の変動リスクを回避することができます。また、金利を交換する「金利スワップ」では、変動金利を固定金利に変更(もしくはその逆)でき、金利変動リスクの回避や、借入コストの削減が可能です。なお、通貨スワップと金利スワップは組み合わせて行うこともできます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。