グループ法人単体課税制度の適用開始前(平成22年9月30日)までに 検討すべきことを教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

グループ法人単体課税制度の適用開始前(平成22年9月30日)までに 検討すべきことを教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

グループ法人単体課税制度の適用開始前に検討しておいたほうが良いこととしては、下記の事項等が考えられます。

・グループ法人単体課税制度適用会社に該当するか否かの把握
・グループ内取引が把握可能な体制づくり
・グループ法人単体課税制度の適用開始前または適用開始後にグループ間取引を行う場合における各取引の税務上の影響度合の検討

具体的には下記の取引が予想されます。
①100%グループ内での含み損益のある資産の譲渡
②100%グループ内での金庫株譲渡
③100%グループ内での寄附

※なお、グループ法人単体課税制度の創設にあわせて、組織再編税制についても、一部改正が行われました。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。