グループ法人単体課税制度における現物分配制度について教えて下さい。

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

グループ法人単体課税制度における現物分配制度について教えて下さい。

節税保険導入事例,節税

グループ法人単体課税制度における現物分配制度については以下の通りです。

1.グループ法人単体課税制度における現物分配制度の内容

 100%グループ内の内国法人(完全支配関係)間で現物分配(みなし配当を含む)を行った場合には、分配法人はその現物分配資産を分配直前の簿価により譲渡したものとされ、譲渡損益は計上されず、受入法人ではその簿価により取得したものとし、受入による収益は益金不算入とされます(「適格現物分配」といいます)。改正前は時価による譲渡としてその資産の含み損益が現物分配時に実現していました。
 なお、受入法人に外国法人や個人が含まれる場合は適格現物分配の適用はありません。

2.グループ法人単体課税制度における現物分配制度の施行時期

 平成22年10月1日以後の取引から適用されます。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。