オリックス生命の法人向け新がん保険の特徴は?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

オリックス生命の法人向け新がん保険の特徴は?

節税保険導入事例,節税

なんといっても1年目、2年目の解約返戻金の高さ(立ち上がりの早さ)が魅力的な前半戦に強い商品です。

2012年4月27日(金)に法人の節税対策や退職金積み立てに活用された「新がん保険Ⅶ」、「新がん保険Ⅷ」がそれぞれ販売停止となりました 。

 初年度と2年目は、業界最高峰の解約返戻率の高さです。作りだせる損金額が非常に小さいのが少しネックですが。返戻率の立ち上がりを重視する場合に、他のがん保険と組合せて使われることの多い商品です。オリックス生命からは、いくつかのがん保険が販売サれていますが、法人の節税対策に使われるのは「新がん保険」という商品です。さらに解約返戻金が高く設定できるⅧ型が良く活用されます。

 かつての古いタイプの法人向けがん保険商品は、オリックス生命の法人向けがん保険のようなタイプがほとんどでした。保険料こそ大きく設定できないものの、契約初年度から3年間ほどの(立ち上がり)の解約返戻率が非常に高く、その後はゆったりと丘のように解約返戻率が伸びていくというのが古いタイプの商品の特徴です。数年先が見通せない不安的な中小企業の節税対策として、立ち上がりの良いがん保険を活用した節税は非常に重宝される存在でした。

 一方で、法人の新しいニーズに合わせて、徐々に新型の法人向けがん保険商品が登場するようになりました。新しいタイプの法人向けがん保険は、契約初年度から数年間こそ解約返戻率が抑えられていますが5年、6年後からは圧倒的な勢いで解約返戻率が伸びていきます。“若い男性である”など一定の条件が揃えば、現金でほぼ目減りしない(単純な戻り率が100%近い)商品も出てきました。さらに保険料も非常に大きな金額を設定することが可能となっています。

 「保険会社データ」 | S&P社格付け A-(エーマイナス:保険契約債務を履行する能力は強いが、上位2つの格付けに比べ、事業環境が悪化した場合、その影響をやや受けやすい。) | ソルベンシーマージン比率 1596.0%(2010年度3月末現在)

 オリックスは日本のリース会社。個人向けから法人向けまで幅広い保険商品を持っている。個人保険市場でも、認知度の高い会社。法人向けに特化をしているわけではないので、飛びぬけて強い法人向け商品はないが、法人向けがん保険は返戻率の高さから古くから重宝されている商品。取扱える代理店も非常に多い。代理店数は全国で5,000店以上。


「新がん保険」の特長|高額になりがちな、がんの治療費をしっかりカバーします。

  1. がんの治療を目的として入院を開始されたとき、回数に制限なくがん治療給付金をお支払いします(ただし2年に1回を限度とします)。

  2. がんで何度入院しても、その入院日数に制限なく、がん入院給付金をお支払いします。

  3. がんの治療のための手術も保障します。

「新がん保険」の給付内容

※新がん保険Ⅴ型・Ⅶ型は、契約者が個人の場合はお取扱いできません。
※がんについての保障は責任開始日からその日を含めて90日を経過した日の翌日(がん責任開始日)より開始します

「新がん保険」の給付内容|がん入院給付金日額30,000円の場合の例

Ⅴ型 Ⅶ型 Ⅷ型
がん治療給付金
(がんの治療を目的として入院を開始されたとき)
1回につき300万円
(がん入院給付金日額×100倍)
1回につき300万円
※60歳以降は1回につき600万円
お支払いしません
※60歳以降は1回につき600万円
がん入院給付金
(がんの治療を目的として入院されたとき)
1日につき3万円 1日につき3万円
※60歳以降は1日につき6万円
1日につき3万円
※60歳以降は1日につき6万円
がん手術給付金
(がんの治療を目的として約款所定の手術を受けられたとき)
1回につき30万円
(がん入院給付金日額×10倍)
1回につき30万円
※60歳以降は1回につき60万円
お支払いしません
※60歳以降は1回につき60万円
がん退院給付金
(がんで20日以上継続入院後に退院されたとき)
1回につき60万円
(がん入院給付金日額×20倍)
1回につき90万円
※60歳以降は1回につき180万円
1回につき90万円
※60歳以降は1回につき180万円
がん死亡・高度障害保険金
(がんで死亡または約款所定の高度障害状態に該当されたとき)
3,000万円
(がん入院給付金日額×1,000倍)
600万円
※60歳以降は1,200万円
(がん入院給付金日額×200倍)
600万円
※60歳以降は1,200万円
(がん入院給付金日額×200倍)
死亡保険金
(がん以外の原因で死亡されたとき)
30万円
(がん入院給付金日額×10倍)
30万円
※60歳以降は60万円
30万円
※60歳以降は60万円

※Ⅶ型、Ⅷ型は満60歳となった日以降に到来する年単位の契約応答日の前日までの期間を第一保険期間、それ以降の期間を、第二保険期間とします。第二保険期間中は、がん入院給付金日額が2倍となります(保険料は保険期間を通じて一定です)。
※ただしⅧ型に関して、第一保険期間中はがん治療給付金はお支払いしません。<第一保険期間不担保特則>

ご契約に際して

 ※この商品には契約者が法人かつ死亡保険金受取人の場合を除き、「指定代理請求特約」が自動付帯されます。くわしくは指定代理請求特約のご案内(PDF)をご覧ください。

 このホームページは商品の概要を説明しております。詳細については、「パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。


オリックス生命を含めた各保険会社の法人向けがん保険を徹底比較&一括見積り!

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。