みなし役員は逓増定期保険に加入することができますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

みなし役員は逓増定期保険に加入することができますか?

節税保険導入事例,節税

みなし役員でも一定要件を満たすことで逓増定期保険に加入することができます。

税法上の役員は会社法上の役員よりも範囲が広く、それらの者を「みなし役員」とよびます。

みなし役員とは?
  税法上、会社の役員とみなされる者のこと。会社法で役員とされる代表取締役、取締役、社外取締役、代表執行役、執行役、監査役、社外監査役、会計参与などでなくても、経営に参画している従業員であれば、税法上は役員とみなされ、役員報酬の損金算入が厳格に規定される。

 みなし役員を被保険者(保険対象者)として逓増定期保険に加入する場合、従業員が逓増定期保険に加入する場合と同様の制限がございます。また、従業員が加入できる保障額以上に高額な保障に加入する場合は、保険会社により

  • 書面により役員と同等(大差のない人間)である旨の報告
  • 「生命保険契約付保に関する規定(※)」
※「勤続年数○○年以上のものに福利厚生として保険をかける」といった規定

 などの提出を求められる場合がございます。みなし役員を保険の対象として逓増定期保険への加入を検討されているお客様がいらっしゃいましたら、個別の対応策をご提案・ご相談させていただきますので、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。  

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。