なぜ三大疾病の保険は非課税受け取りができるのですか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

なぜ三大疾病の保険は非課税受け取りができるのですか?

節税保険導入事例,節税

三大疾病の保険金を個人が非課税で受取可能な生前給付保険というページを拝見しました。この保険は、なぜ三大疾病の保険金を非課税受け取りができるのですか?

節税保険導入事例,節税

下記の2つの条件が揃うことにより、非課税受け取りが可能となります。

  • 特定疾病保険金の受取人を被保険者(保険をかける対象者)に設定できる。
  • 被保険者が三大疾病の保険金を受けとった際には、下記の所得税法が適用される。

特定疾病保険金の受取人を被保険者(保険をかける対象者)に設定できる。

 法人保険(このケースでは法人契約の生前給付保険)の中には、死亡保険金以外に、がんや急性心筋梗塞、脳卒中といった三大疾病になった際に一時金として、大きな金額の特定疾病保険金が支払われる保険商品がございます。これらの保険商品は、“死亡保険金の対象にはならないが、死亡に準ずるリスク(保険業界ではリビングデスと表現することがあります)”を補てんするための保険商品として、近年、その契約者数を増やしています。そして、この一時金が支払われる保険商品の中でも、一時金の受取人を契約者である法人ではなく、保険の対象である被保険者本人に指定できるできる保険商品がございます。

 例えば、経営者を被保険者とした法人契約の保険に加入した場合、一般的には三大疾病時の一時金は契約者である法人に支払われますが、この一時金の支払い先を予め被保険者である経営者本人に指定することができるのです。これが一つ目の条件です。

被保険者が三大疾病の保険金を受けとった際には、下記の所得税法が適用される。

二つ目に所得税法基本通達にある下記の通達により支払われる保険金が非課税になります。

所得税法基本通達9-21
疾病により高度障害状態の状態になった事などに基因して支払われる保険金は、所得税法施行令、第30条第1号に掲げる「身体の傷害に基因して支払われる」保険金に該当するものと取扱っており、(所得税法基本通達9-21)、その保険金は非課税となります。

 保険の対象者である被保険者本人に支払われる一時金は、上記の通達の対象となります。実際に正しく税法を理解し、保険金を非課税受け取りすることで、保険そのもののリスク補てん効果を最大限に活用するだけでなく、法人や個人の節税効果を生むことにつながります。最近では、この三大疾病時に支払われる一時金を5,000万円までと高額に設定できる保険商品もございます。

ご不明な点がございましたら、過去の事例をもとに詳しく説明いたします。どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。