がん保険の給付金をもらった後、解約返戻金は削減されますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

がん保険の給付金をもらった後、解約返戻金は削減されますか?

節税保険導入事例,節税

節税対策で法人がん保険に加入していますが、保障部分に関して質問です。がんで入院した場合、日額給付金や診断給付金、手術給付金や退院時の給付金がもらえる法人がん保険を選んでいます。将来的に仮にがんになって入院し、これらの給付金を利用した場合、解約返戻金額は削減されるのでしょうか?

節税保険導入事例,節税

死亡保険金以外の給付金をもらう場合、解約返戻金は削減されない場合がほとんどです。

 法人契約のがん保険は、その名の通りがんになるリスクを補てんする保険商品です。ご質問をいただいた死亡保険金以外の給付金をもらう場合、解約返戻金額は削減されない場合がほとんどです。

 法人契約のがん保険の場合、大きく設定できる保険料に比例して、その保障内容もたいへん手厚くなっています。例えば日額給付金6万円の法人がん保険の場合、入院時には入院日数×6万円が支払われますし、がんと診断された時点で1,800万円(保険の種類によります)の診断給付金が支払われます。また、手術を受ける度に120万円、退院する度に180万円の給付金が支払われます(高額な給付金が支払われる理由として、法人で重要な役割を担う経営陣が、がんによる入院で現場を離れることに対する売上補てんの意味合いも込められています)。

 万が一、がんになって入院してこれらの高額な給付金が保険会社から支払われたとしても、それまで法人で貯めた解約返戻金は削減されません。高い解約返戻率を設定できる法人がん保険は、がんリスクを補てんすると同時に、役員や従業員の退職金積み立ても兼ねていることが多くあります。給付金を利用した場合でも、これらの積み立てには支障をきたすことはございませんのでご安心下さい。

 なお、がんによる死亡保険金・高度障害保険金(この事例だと6,000万円)を受けとった場合のみ、その時点で保険が消滅となります。死亡保険金額(高度障害保険金)か解約返戻金額のいずれか高いほうのどちらか“のみ”支払われます。がん死亡保険金(高度障害保険金)と解約返戻金の両方を受け取ることはできませんのでご注意下さい。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。