がん以外で死亡した場合の解約返戻金はどうなりますか?

節税保険よくあるご質問,節税
節税保険導入事例,節税

がん以外で死亡した場合の解約返戻金はどうなりますか?

節税保険導入事例,節税

2012年4月27日の税制改正前に法人がん保険を駆け込みで契約をしました。その時に担当者の方からも説明を受けたかと思うのですが、もう一度確認の意味を込めて質問です。今契約している法人がん保険は、がん以外で死亡した場合、解約返戻金はどうなりますか?

節税保険導入事例,節税

がん以外の死亡の場合、その時点での解約返戻金が払い戻しになる場合がほとんどです。

 法人向けがん保険は、その名の通りがんになるリスクを補てんする保険商品です。一部、がん以外の死亡保障が薄く組み込まれている法人がん保険もありますが、一般的には、がんという病気にのみ給付金や死亡保険金が支払われる仕組みになっています。

 この法人がん保険ですが、がん以外で死亡した場合には、その時点での解約返戻金(責任準備金)が払い戻しされるようになっています。がん保険だからといって、がん以外の死亡時には何もなくなってしまうというわけではなく、それまで法人で積み立てた解約返戻金は解約扱い(厳密には消滅扱い)となり払い戻しされます。

 よくある質問「終身がん保険においてお支払いする保険金等について教えて下さい」の中でも詳しくご紹介しておりますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。