TUT(Typen und Teile)

法人保険用語辞典

TUT(Typen und Teile)

TUT(Typen und Teile)とは

西独(当時)のシーメンス社が開発した手法で、形式と部品の種類を合理化して直接材料費と直接労務費を除くすべての間接費についてコスト・ダウンを図ろうというもの。間接費を削減するため、①製造品目の制限、②製造品目の集約、③製造品目の統合、④製造品目の更新、⑤部品の体系化、⑥組み合わせ部品の体系化、⑦部品のグループ化、⑧社内製造範囲の制限–などを実施する。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。