MM理論

法人保険用語辞典

MM理論

MM理論とは

モジリアーニとミラー(Modigliani,Miller)が唱道した理論。その骨子のうち主要なものは、一定の前提条件という仮定のもとでは、資本構成の違いによって企業価値が異なることはない(換言すると企業の市場価値はその資本構成と無関係)――というものである。一定の前提条件のうちおもなものは資本市場は完全に自由、法人税は存在しない、企業の倒産は発生しないといったものである。こうした仮定のものとでは、仮に二つの企業で資本構成が異なり、市場価値が相違する場合には裁定取引(過大に評価された企業の株式を売り、仮称に評価された企業の株式に乗り換える取引)が発生し、二つの企業の市場価値が同じ水準になるまで続くというものである。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。