MM理論

法人保険用語辞典

MM理論

MM理論とは

モジリア=ミラー理論。1958年にモジリアニとミラーによって発表された企業金融(企業の資本構成と資本コスト)に間する理論。完全競争的な資本市場の下で法人税が存在しなければ、①営業利益の予想が同じ企業では、資本構成に相違があっても資本コストは一定である(第一命題)、②一定の投資を自己資本・負債のいずれで調達しようとも資本コストは一定である(第二命題)、ことを理論的に裏付けた。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。