GAB(General Arrangements to Borrow)一般借入取り決め

法人保険用語辞典

GAB(General Arrangements to Borrow)一般借入取り決め

GAB(General Arrangements to Borrow)一般借入取り決めとは

もともとは、主要先進10カ国(米国、日本、旧西ドイツ、英国、フランス、イタリア、カナダ、オランダ、ベルギー、スウェーデン)が1962年にIMFとの間に締結した取り決めで、これら10カ国のいずれかがIMFからの借入を必要とし、IMFにその資金が不足する場合、他の国がIMFに必要資金を供与するというもの。

先進国は経済規模が大きいため、仮に国際収支の赤字等による一時的なIMF借入の必要を生じた場合、その所要額も多額となって、IMFの資金に不足が生ずるおそれがあることから、こうした取り決めが結ばれたもの。

その後、64年にスイスが本制度に加盟、さらに83年には途上国の累積債務問題に対処するため、IMFは、GAB参加国以外への貸出に伴う資金不足の場合にも、この取り組めを利用できるように制度が改められた。なお、GABと並行して、サウジアラビアもIMFとの間に同様の取り決めを締結している。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。