G7(Group of Seven)

法人保険用語辞典

G7(Group of Seven)

G7(Group of Seven)とは

「主要7か国蔵相・中央銀行総裁会議」の通称。旧来、国際通貨問題に関する先進国間の討議、意見調整等は、米国、日本、ドイツ、英国、フランスの5カ国の蔵相間で行われることが多かったが(通称G5)、1986年の東京サミット時の合意に基づき、これにサミット参加国であるカナダとイタリアが加わってG7となった。現在、春のIMF暫定委員会と秋のIMF総会時、およびサミットの際に定例会合が行われる(サミット時は蔵相のみの会合)ほか、為替相場の動向等により緊急の討議が必要な場合には臨時の会合も開催される。会合後に公表されるコミュニケやステートメントは、為替相場やその他の国際通貨問題に対する主要国通貨当局のスタンスを示すものとして、市場で注目されることが多い。なお、単に、サミット参加7ヶ国を指してG7と称する場合もあり、97年よりサミットの正式メンバーとなったロシアも加えてG8といったいい方をすることもある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。