ALM(Asset Liability Management)

法人保険用語辞典

ALM(Asset Liability Management)

ALM(Asset Liability Management)とは

金融機関の経営分析の手法のひとつで資産・負債の総合管理のこと。1970年代の終わりから米国において提唱されはじめ、80年代には日本でも順次導入さた。当初は銀行業務のうち預・貸金等の「バンキング勘定」において受動的に発生する金利リスクをいかにヘッジするかに焦点があてられていた。

最近では、金融自由化等の金融構造の変化に伴い、①為替や債券の短期売買を中心とする「トレーディング勘定」も統合してリスク量の把握に努める、②バンキング勘定において機動的なリスクテイクとコントロールを行う、③こうした高度なリスク管理を可能とする組織運営体制を整備する等、マーケット・リスク全体の把握とコントロールを目指したより高度なものとなっている。

また米銀や邦銀の一部には、手法をさらに高度化することにより信用リスクも含めた統合的なリスク管理手法を模索する動きもみられる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号