AIDCAの法則

法人保険用語辞典

AIDCAの法則

AIDCAの法則とは

アイドカの法則。attention(注目)、interest(関心)、desire(欲望)、conviction(確信)、action(行動)の5つの頭文字を取ったもので、見込み客が商品を購買するに至るまでの心理的な過程を順に追って表現したもの。消費者がある商品に注目した場合、その内容について、詳しく知りたい関心をそそられる。内容がよいとわかれば、それを所有したいという欲望にかられその商品を手に入れれば欲望を満足させてくれるに違いないと確信を抱く。こうして見込み客は、商品を実際に入手するため必要な行動を起こす。AIDCAの法則の conviction を memory(記憶)に置き換えて、AIDMA(アイドマ)の法則ということもある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。