額面株式(par value stock)

法人保険用語辞典

額面株式(par value stock)

額面株式(par value stock)とは

株券に券面額を表示した株式。額面株式制度は、平成13年の「商法」改正によって廃止された。額面株式の額面は、昭和25年に「商法」が改正されて、それまでの1株50円から1株500円以上となった。続いて昭和56年の「商法」改正で、新設会社の場合、設立時は1株5万円を下回ることを認められなかった。

上場会社(株式を証券取引所に公開して取引している会社)は、額面50円の例が非常に多い。これは歴史の古い会社が多いという事情によるが、さらに500円額面の場合に株式の流通を促進するために50円額面に変更した例も少なくない。いずれにせよ、昭和56年の「商法」改正以後の新規設立の株式会社の額面は5万円であった。例えば、日本電信電話会社(NTT)は、昭和60年に、それまでの日本電信電話公社の財産の全額出資によって設立されたが、額面5万円である。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。