預金保険制度

法人保険用語辞典

預金保険制度

預金保険制度とは

金融機関の経営破綻に際し、預金の安全性に対する預金者の信頼を確保し、これによって信用秩序の維持を図ることを目的とする制度。例としては、日本の預金保険機構、米国のFDIC(連邦預金保険公社)等が挙げられる。

預金保険制度は、預金者が金融機関の信用度をチェックするインセンティブを失い、利回りにのみ注目して預金を預け入れ、一方では保険料率が各金融機関で一律の場合には、金融機関の健全経営への努力を弱め、ハイ・リスク、ハイ・リターンの運用により預金者の高利回りの要求に応えるというモラル・ハザードの問題を伴っている。このため米国では1991年に金融機関の健全度合いを考慮した保険料率が導入された。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。