青空市場(open-air market)

法人保険用語辞典

青空市場(open-air market)

青空市場(open-air market)とは

証券取引所や、日本証券業協会が管理・運営する店頭株市場以外での未公開株の取引のこと。

日本には100万社以上の株式会社があり、その大半は未公開である。1998年12月の改正証券取引法により、未公開株でも一定の要件を満たす銘柄については証券会社の店頭で取引されるようになった(店頭取扱有価証券)が、それ以外の銘柄も時として取引対象になる。こうした銘柄を青空銘柄と呼ぶ。

ただし、歴史的な用語としては、終戦直後から49年5月に証券取引所が再開されるまでの間、取引所周辺の建物あるいは取引所の一室に証券業者が集まって株式の売買を行ったことを指すことが多い。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号