雇用調整給付金制度

法人保険用語辞典

雇用調整給付金制度

雇用調整給付金制度とは

不況の際に生じる失業を予防するねらいで労働省がつくった制度。失業保険の適用事業所で、その事業所の業種が労働大臣によって不況業種として指定され、かつ、次のような条件を満たした場合、適用される。①大企業については失業保険被保険者の所定労働日数の3分の1以上の休業日数があること。中小企業にあっては4分の1以上の休業日数があること。②被保険者のうち、被保険期間が連続して6ヶ月に満たない従業員だとか、解雇を予告されたもの、日雇い労働被保険者は除外して計算する。③事業所に過半数の被保険者で組織する労働組合がある場合はその労働組合と、労働組合がない場合は被保険者の過半数を代表する人と事業主との間で、休業期間、休業する被保険者の範囲と数、休業手当支払いの基準などについて書面で協定しておくこと。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。