長期信用銀行

法人保険用語辞典

長期信用銀行

長期信用銀行とは

長期信用銀行法(1952年施行)に基づき長期金融を主たる業務とする銀行で、98年2月現在3行ある。長期金融の分野を調整して普通銀行の負担を軽減するとともに、長期資金を円滑に供給することを目的として設立された。長期資金を供給するための資金源として金融債を発行できる半面、預金の受入先が特定の範囲に制限されており、また店舗が少ないことも特色。

ただし、金融自由化が進展していく中で、長短金融の垣根が確実になくなってきており、長期信用銀行でも従来の長期金融一本から、証券、仲介、M&A等のインベストメント・バンクへの転換を企図している。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。