金融自由化

法人保険用語辞典

金融自由化

金融自由化とは

金融取引にかかわる諸規制、すわなち金利規制、業務分野規制、内外市場分断規制等の緩和・撤廃。日本の金融自由化は、経済の安定成長への移行に伴う金融環境の構造変化に伴って、競争制限的規制の強い金融制度のあり方が変化を迫られるようになり、こうした中で行政当局も規制緩和を図るという形で進められてきた。すなわち、1975年移行の国債大量発行を契機としてオープン市場が発達する中で、金利規制が課された銀行預金よりも有利な金融商品がオープン市場に登場するようになり、金融諸規制がかえって銀行経営の安定を妨げるようになってきた。こうした状況に対応して銀行は規制回避を狙った金融革新を行い、東京も規制緩和を実施するという相互作用によって金融自由化は進展してきた。ただ、こうした金融自由化は、金融機関間の競争を激化させる側面もあり、金融機関の破綻処理を含め、信用秩序の維持面でも工夫を要する。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。