金融空洞化

法人保険用語辞典

金融空洞化

金融空洞化とは

金融取引が海外にシフトする動きを指し、製造業が海外に生産拠点をシフトすることが「産業の空洞化」と呼ばれていることにちなんで称されている。具体的には、①東京市場における株式売買高・外為取引高の減少、②外国企業(特に証券会社)の東証からの上場撤退、③日本株式のロンドン等海外市場における取引の増加、④海外企業のサムライ債(円建て債)発行が低迷する一方でユーロ円債の発行の増加、⑤外資系金融機関の支店・事務所撤退、等の減少を指していることが多い。こうした金融の空洞化減少の背景としては、日本の人件費・地代といったビジネスコストの高さや人的資源の問題(国際金融業務に精通した弁護士や会計士の数が限られていること)といった問題に加え、税制や手数料等に起因する国際的に割高な取引コストや、新商品開発に関する制約等規制上の問題が指摘されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。