金融制度調査会

法人保険用語辞典

金融制度調査会

金融制度調査会とは

1956年の金融制度調査会設置法に基づいて、設置された大蔵大臣の諮問機関。金融制度調査会は、「金融情報の推移に鑑み、金融制度の改善に関する重要事項を調査審議すること」を目的としており、これまで諸々の金融制度改革について審議を重ねてきた。例えば、91年6月には答申「新しい金融制度について」が取りまとめられ、利用者の立場、国際性、金融秩序の維持の観点から銀行・証券・信託の相互乗り入れや地域金融機関のあり方、政府系金融機関の取り扱い等のついて広範な提言がされた(この答申等を受けて92年3月には国会に「金融制度及び証券取引制度の改革のための関係法律の整備等に関する法律」いわゆる「金融制度改革関連法」が提出され同年6月に成立した)。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。