金利自由化

法人保険用語辞典

金利自由化

金利自由化とは

政府・中央銀行等によって行われてきた金利規制を撤廃して、金利が資金の需給関係によって自由に決定されるようにすること。1970年前後から各国とも金利機能を活発にするため、金利自由化が進展した。日本でも70年代後半以降、金融構造が変化する中で、85年の大口定期預金金利自由化を皮切りに段階的な自由化措置がとられ、94年以降、当座預金の付利禁止を除き、完全に自由化されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。