部門経営層(divisional management)

法人保険用語辞典

部門経営層(divisional management)

部門経営層(divisional management)とは

トップ・マネジメントを構成する1つの層。普通、トップ・マネジメントは、①受託経営層、②総括経営層、③部門経営層--の3つから成る。部門経営層は、企業の特定部門の管理上の責任を負う人々。

したがって、部門経営層をトップ・マネジメントに加えるのは正しくないとの意見もある。が、現実に部門経営層に属する人が、常務会のメンバーになっている場合もあるため、トップ層に加えている。なお、受託経営層は株主に利益を代表し、その利益を保護するなど重要な役目を担っている。総括経営層は取締役会(受託経営層)が決めた基本方針のワク内で、企業全体の業務執行上の方針や計画などを決定する。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。