部門別原価計算

法人保険用語辞典

部門別原価計算

部門別原価計算とは

原価計算は費目別、部門別、製品別の三段階について行われるが、部門別原価計算はその第二段階に当たり、費目別計算で得られた原価要素を原価部門について分類、集計する。この分類、集計に当たり直接費は仕掛品勘定に集計するが、製造間接費については部門個別費と部門共通費とに分け、それぞれ扱いを異にする。部門個別費は原価部門について直接に関係して発生したもので、部門共通費は関連部門が多いものをいう。部門個別費はその発生した部門に賦課し、部門共通費は適当な配賦基準によって関連する各部門に配賦する。この手続きを第1次配賦という。つまり、第1次配賦によって製造間接費は製造部門、補助部門にそれぞれ配分されたことになるが、次に補助部門に配分された分を製造部門に配分し直す手続きが必要になる。これを第2次配賦と呼び、直接配賦法、相互配賦法、階梯式配賦法などの方法がある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。