適格年金

法人保険用語辞典

適格年金

適格年金とは

企業が独自に実施し、税制上の優遇措置を受けるための要件を満たすように設計された企業年金。1962年に米国の制度を参考にして導入された。税制上、企業が負担した掛金は損金に算入されて税金がかからず、また、従業員が掛金の一部を支払った場合は、生命保険料控除が受けられる。掛金は生命保険会社か信託銀行に積み立てて運用され、従業員は退職後にこれらの機関から企業年金(または退職一時金)を受け取る。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。