過労死(death due to excessive work)

法人保険用語辞典

過労死(death due to excessive work)

過労死(death due to excessive work)とは

従業員の働き過ぎの疲労による急死。過労死という病名はないが、労働省では「脳血管疾患及び虚血性心疾患等」と呼んでいる。労災補償との関係ででてきた言葉で、労災認定上は過労が業務上の疾病かどうかが問題になる。

認定基準では
①その従業員が日常業務に比較して特に過重な業務に就いていた場合や、業務に関連する異常な出来事に遭遇していた
②過重負荷を受けてから症状が出るまでの時間的経過が医学上妥当なものであること

――などが示されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。