過剰流動性

法人保険用語辞典

過剰流動性

過剰流動性とは

流動性が経済活動に必要な適正水準を超え、物価上昇等が発生する状態。適正な流動性水準を把握することは容易ではないため、どの程度過剰かを判断することは難しい。

日本では1972~73年の金融緩和、財政拡大等が流動性の増加をもたらした。これが土地投機等を活発化させインフレの高進へとつながった時期が過剰流動性の時代と呼ばれている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。