運転資本(working capital)

法人保険用語辞典

運転資本(working capital)

運転資本(working capital)とは

企業経営のうえで、日常の経営活動を行うのに必要な資本。具体的には、流動資産に投下されていると解され、棚卸資産、売上債権などに運用したり、一時所有の有価証券に投資しているほか、現・預金の形で所有している。ただし、運転資本を狭く解して、流動資産から流動負債を差し引いた額とし、これを正味運転資本とする見方もある。いずれにせよ、運転資本は設備資本のように長期化せず、短期性の資本であるから、その調達には流動負債が充てられ、金融機関からの借り入れや支払債務などに依存することになる。

運転資本のバランスをはかることは、企業の財務のうえで大切な課題であり、不足すると支払い状況が悪化して信用不安につながることになるが、一方、過剰の場合には、余分の資金をかかえ込んでいることを意味して経営効率の低下になる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号