運転資本(working capital)

法人保険用語辞典

運転資本(working capital)

運転資本(working capital)とは

普通、運転資金と呼ばれている。流動資産に投下される資本を総運転資本、流動資産額から流動負債額を引いた残りを正味運転資本という。具体的には、会社が原材料を買ったり、人件費を支払うのに必要な資金のこと。毎日経営活動を続けていくためには、運転資本は欠くことのできないもので、これがなければ会社の運営はできない。このように毎日欠かすことのできない運転資金に対し、工場の設備の新設や拡充に必要な資金を設備資金といい、運転資金と区別している。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号