連結財務諸表原則

法人保険用語辞典

連結財務諸表原則

連結財務諸表原則とは

企業会計審議会が昭和50年6月に設定した会計原則。わが国の会社が証券取引法に基づいて連結財務諸表を提出する場合の作成基準を示すものであり、また公認会計士、監査法人が連結財務諸表を提出する場合の作成基準を示すものであり、また公認会計士、監査法人が連結財務諸表の監査を行う場合に従うべき基準である。連結財務諸表原則は、①連結財務諸表の目的、②一般原則、③一般基準、④連結貸借対照表の作成基準、⑤連結損益計算書の作成基準、⑥連結剰余金計算書の作成基準、⑦連結財務諸表の注記事項–から成り、別に注解が付記されている。なお、平成9年6月に「連結財務諸表原則」の改訂が行われた。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。